男の性行動を分析する

男って何? 男の性行動を分析します

「射精」は「女の潮吹き」と同じ?

モア・レポートという本がある。
 「あなたはオーガズムを得たことがありますか?」

モア・リポート―女たちの生と性 (集英社文庫)

モア・リポート―女たちの生と性 (集英社文庫)

 

 

この本は1983年に出版された。語られることのなかった日本人の女性の性意識に迫った本だという。自分が学生の頃はAVもなく、この本を見つけて興奮した覚えがある。今の若い世代には、オーガズムなんてスマホにいくらでも溢れているだろうが。

 

オーガズムについての研究の先人として、1950~60年代に、キンゼイやマスターズ、ジョンソンがいる。
 
こういう研究は、男性が女性の性を理解するモチベーションから始まったのだろう。しかし、SNSの発展と、性に対して対してオープンになった女性たちの出現により、男性にとっては当たり前の「射精」について、女性側から理解しようとする視点が出てきたのは興味深い。

 

pokabe.com
このサイトを運営しているのは、Twitterで有名な「ぽかべ」さん。
 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ぽかべ(@poka_resort)です。こんにちは。突然ですが、女性の皆さん。「男性が初めて射精するときのこと」について、イメージつきますか?私自身、あまりイメージがつきませんでした。Twitterでそんな話をしていたら、「体験談募ってみれば?」との声があり、実際に募集してみました。各体験談には、女性陣が読んでみてどう思ったか?についてコメントを付けてもらいました!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


自分にとって初射精はそもそも覚えていないし、どうでも良いことだ。初射精の体験よりも、欲求と排泄物の処理に困った思い出の方が多い。


しかし、男性の初射精を女性側から理解しようとするアプローチは面白い。一部引用させてもらうと下のように書いてある。まず、男性側の経験談
 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「何かのゲージがピークになる感覚があり、それを超えた瞬間、僕のアソコから液体が飛び出したのです。」
「やべ、おしっこ出る!って思ったら白い液体が出てきて?????ってなりました笑」
「気持ち良いというよりかはよく分からない、不思議な感覚でした。」
「翌日学校で担任の先生(30代女性)に、何か昨日アレから”アクエリアス”みたいなものが出てきたんですけど、大丈夫ですか?って聞いたら、担任は赤面で答えられず」
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 
こういう感想読んで、コメントしている意見の中でよくあるものは、「日本の性教育が不十分である」「教える時、どうしよう」というもの。性教育的な観点からのコメントで、もっともだが、ここでは置いておく。
 


興味深いのは、女性陣の反応。
 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
最初ってみなさん「おしっこ」だと思うんですね!
 
「おしっこでる」って感覚=射精というのがこれまた女子には分からない感覚。何も知らない状態でいきなりおしっこ以外の液体でてきたらびっくりしますよねw 保健の授業の情報量の少なさよ・・。
 
ふむふむ。ほとんどの殿方が「おしっこでるぅう」=射精って感覚なのね〜。ちなみに女子の潮吹きがそんな感じの感覚だよ!「なんか漏れそうー!」みたいな?あれ?
 
射精も潮吹きもおもらし感覚ね!了解!
 
おしっこ出る感覚なのに白い液体が出てきたら確かにパニックになりそう。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

女性陣の中で、「射精」=「おしっこ出る」感覚となったようだ。

個人的には、「何かのゲージがピークになる感覚」とは良く表現したものだと思う。筋緊張の高まりの感覚だろう。そして「出る」感覚が続くのは間違いない。

そして、一番驚いたのは、一つの結論として「射精」=「潮吹き」になってしまったことだ。

 

「ぽかべ」さんが言うように「潮吹きは気持ちよくない」そうだ。

pokabe.com

 

しかし、何か射精の大切なものが抜け落ちてしまったような、、、。疑問は残るが、「射精」=「潮吹き」としてしまう方が、男女どちらにとっても相手を分かったつもりになって好都合なのだろう。

 

 

最近の研究成果によると、女性の潮吹きには、2つの機序が存在し、スキーン腺からの白濁液の放出と、尿失禁だそうだ(Int Urogynecol J 2018; 29: 621-629)。

 

一方、男性の潮吹きについて、超音波カラードップラーで調べた研究成果がある。

 

shirotodotei.hatenablog.com

 

射精後も刺激を続けたところ、射精後、約20秒で、本来の射精時には閉じている前立腺部の尿道が開いたり閉じたりして、潮吹きが起こったそうだ(開いたり閉じたりするのは、約50秒で20回)これらから潮吹きは尿だと考えられた。この時の感覚は、「我慢した後に排尿した感覚」と「射精した感覚」が合わさったものだという。

 

つまり、潮吹きは男女とも、基本的には尿失禁だといえる(女性ではスキーン腺からの分泌もあるが)。しかし、ここに男性の場合は「射精した感覚」が伴う点が、ただの排尿と異なるのだろう。この感覚の由来が分かれば、先の「射精」=「女の潮吹き」の疑問にも答えが得られるのかもしれない。

 

しかし、さきほどの「26歳素人童貞」さんが言うように、

 

「男の潮吹きなんていうものは、身体的な快楽に焦点をあてて考えてみると、射精よりも大したことがないというのが個人的な実感だ。」

 

ということになると、潮吹きにはそこまで期待できないのか、、。そもそも射精後に刺激を続けるという苦痛を受ける気にもなれないが。すると、やはり「射精」から「排泄感」だけを取り除いた「残りの感覚」だけ何度も感じられるドライオーガズムの方向性が、身体的な快楽という観点では一つの解決策ではないかと思う。泌尿器科の先生方にはそのような反応のメカニズムも解明してもらいたいものだ。それにしても先程の研究で、男の潮吹きの「ボランティア」はどのようにして探してきたのだろうか、、、。