男の性行動を分析する

男って何? 男の性行動を分析します

泳ぎ回る精子君たちとの出会い

TENGAヘルスケアが開発した「メンズループ」は、なんと、精子の運動状態をスマホで見えるツールだそう!

 

www.chunichi.co.jp

 

最近では、不妊の原因の半数近くは男性側にあるというから、自分でチェックするのに最適。実は、自分も妊活前に、さすがに不妊が心配になって、気になって精子を見てみたことがある。こういう時って、オシッコみたいにピュッと簡単に出せるのは便利だと思う。

 

当時も、もしかするとメンズループみたいな道具もあったのかもしれないけれど、そんなことは思いつく由もなし。原始的な方法で、ごく普通の顕微鏡で観察した。

 

メンズループでは、精液をしばらく置いておくとサラサラになるので、その状態で見るらしい。そんなことは知らないので、普通に生理食塩水で薄めて見た。

 

「げっ!!、動いてる!!!」

 

決して感動の瞬間ではなかった。


ウニの受精とか、理科実験で見たことがあるし、受精卵の分裂は感動的だ。しかし、ウニの受精でも精子をみてこんな衝撃はなかったと思う。倍率がちがったからかもしれないけど、想像よりもずっと大きくて、長くてニョロニョロした尻尾をフリフリしながら、精子君たちが泳いでいた。

 

まるで虫のよう、、。

 

精子の詳しい模式図は下のリンクをどうぞ。

【図解付き】精子と射精のメカニズム・“精子”は、射精を通じて体外へ放出 - gooヘルスケア

 

もちろん、精子は虫ではなく、細胞内に蓄えていたATPのエネルギーで、ぜん毛を回転させて動いている。いわば機械仕掛けのオモチャのようなもの。でも、そんな知識もふっとぶほどの衝撃だった。虫にしか見えない生き物たちがうじゃうじゃ動いていた。

 

しかし、生理食塩水で薄めたことが悪かったのか、あるいは温度の問題か、すぐに精子君たちは元気がなくなってきて、動きが止まってしまった。

 

死んだ。。。!?

 

これじゃあ、卵管を通って卵さんの所まで泳いで行けない。多分、液体の成分も重要なのだろう。常温の生理食塩水は適さない。ときどき、プールで射精したら妊娠しますか?とか訳のわからない質問があるが、ありえないことがわかる。精子は普通の水の中では到底生き延びられないようだ。

 


それにしても、うじゃうじゃ動く精子君たちの群れ。これは間違いなく一見する価値がある。男の射精は、ピュッと飛び出る迫力があるが、それ以上にパワフルだった!

 

ただし自分は、もう二度と見たいとは思わない、、。

 

どうしてだろう? ゲノムも半分だし、生存能力はないにしても、まるで生き物のようだった。そういう生き物が自分の体からウジャウジャ出てくるという発想が、なにか寄生虫のようなものを想像させてしまう。「スピーシーズ」っていうホラー映画があった。寄生虫が体の中に住み着く映画。何かそういうイメージを想起させる。

 

しかし、これだけたくさんの生きの良い精子君たちを作るとなると、膨大なエネルギーを使うのは納得できる。一度出したら、賢者タイムに入って射精欲を減らさないと、生産が追いつかないだろうなと。唾をペッと吐いたり、排泄物を出すのとは訳が違うのである。一日に何度も連射するなど、エネルギーの浪費に間違いない。快感を求めるなら、できるだけ射精を抑えて、イク感覚だけ感じるに留めた方がよいだろうなと。

 

話は戻るが、生きの良い精子君の姿を、ぜひ一度は見て欲しいと思う。自分のようにギョッとする可能性もあるが、アマゾンのレビューを見る限り感動している男性も多い。男性は簡単にできるし、女性も彼の精液を見ることもできる。簡単な理科実験で、生命の神秘を目の当たりにできるのだから。

 

TENGA MEN'S LOUPE テンガ メンズ ルーペ 【スマートフォン用 精子観察キット】