男の性行動を分析する

男って何? 男の性行動を分析します

男は、女性用のAVを使えるか? ついでに射精の価値とは

女性用のAVを見ると、男性用とぜんぜん違う。何が違うのか。何と言っても、女優さんに自己投影するように作られている。女優さんが「あんあん」喘いでいるのに合わせて、視聴者も「あんあん」喘いで下さい、という意図が実に良く伝わってくる。

 

私の場合、無射精でイケるので、女性用AVって予想外に使いやすいことが分かった。女優さんと一緒に「はあはあ」喘いで、30分位あるストーリーの中で、何回かイクとちょうど良い。見終わって、あ〜満足したと余韻を楽しみながら、とりあえず終わろうかな、みたいな感じになる。

 

でも無射精でイケない普通の男には、おそらく使い物にならないと思う。実際、私も昔は敬遠してた。

 

普通の男の場合、そもそも喘げない上に、喘いで気持ちよくなろうとした途端、射精してしまう。いきなりの幕切れだ。ストーリーを最後まで楽しんですらいないのに。

 

というわけで、男性用のAVは、過激に女性がイク瞬間が連続して出てくる。いつどこでもすぐにイッて下さい、というわけで。ショート・ストーリーだったら、男も付き合える。

 

 

しかし、それにしても射精とは、不思議な感覚だ。最近は、無射精でしかイカないのだが、数週間ぶりに自己処理で射精してみた。久々にやると、大量に出てびっくりした。妊娠とか目指してると、2週間位オナ禁すれば、すごい効果ありそう。

 

無射精でイクと、絶頂感で頭真っ白になるのに、射精だと、相変わらず、冷静に精液が出るところを見ることができる。腰に不思議な違和感が広がって、血圧上昇で頭がもわっと来るわけだが、これって、やっぱり快感とは言えないよな〜、と思ってしまう。森岡正博が「感じない男」で言うとおり。もちろん、不快感ではないのだけれど。

 

でも、ヤフー知恵袋など見てると、男はみんな口をそろえて射精は気持ち良い、と言っているわけで、みんな錯覚しているのか、自分がおかしいのか、わけ分からない。男性至上主義論者は、射精が気持ちよくないと困るわけだろうけど。無射精でイク感覚は、確実に気持ちいいのは間違いないのだが、比べてしまうからいけないのか、、、。錯覚であろうが、ともかく自己満足していることが一番重要。

 

また、いわゆる賢者タイムも久しぶりに体験した。ほんと、プロラクチン・ホルモンの効果って強大だ。いきなり興奮が醒めて、冷静に、残骸のティッシュとか処理し始める自分がいる。エロ動画とか投げ捨てたい。この不快感のオマケが付いてくること、無射精でイクばっかりだと、ホント忘れてた。

 

女性が妊娠・出産終わって、あっ、生理あること忘れてた、みたいな感覚はこれに近いのか。

 

単に気持ちよさを求めるなら、やっぱり射精って、やらないほうが幸せだと思う。射精の最大の価値は、興奮感をなくすこと。賢者タイムで頭も心もスッキリ。快感ではないが、この作用が射精の最大の価値だと思う。