男の性行動を分析する

男って何? 男の性行動を分析します

なぜ男はひとりよがりのセックスをするのか? 自分勝手に射精して果てる理由

女性側のセックスレスの最大の原因は、セックスが気持ち良くないことだろう。男は、自分勝手に射精して、一人で満足して終わる。女にとって、こんなセックスは、何も楽しくない。なぜ、男は、いつも独りよがりのセックスをするのか? なぜ女の気持ちが分からないのか? その理由を考えよう。

 
男のセックスがひとりよがりの射精になる理由は、大まかに2通りに分かれそうだ。

 

1)男が、自分だけ気持ちよければ良いと思っている

 

このような、女性への思いやりが欠如した男が居るようだ。本質的に、自分勝手な男だ。こういう男は、女を排泄する便器程度にしか思っていない。精神的な満足感を追求して、生でセックスすることを求めたりする。女が堕ろす場合の悲しみを想像することすらない。彼女と付き合いながら、性風俗に通うこともある。自分の欲求を満たしてくれるセフレが居れば十分だと考える。女性は、こういう男性とは付き合わないように自己防衛するしかないだろう。

 

2)相手も気持ちよくさせたいと思っているが、体の構造的に難しい


これは、1)の状況とは異なる。男は、女を気持ちよくさせてあげたいと思っている。しかし、男の体の作りに問題がある。男は、「気持ち良い状態」に留まることが難しい。体が気持ちよくなろうとすれば、一瞬で射精が起こり、スッキリしてしまう。

 

 

ピストン運動をしながら、イクのを堪えるのは至難の技である。中には、イキそうになるたびに、イクのを我慢して、女性が気持ち良くなるまで耐え忍ぶ健気な男性もいるようだ。男にとっては、本当にかわいそうなセックスである。大抵の男は、こんな苦しみには耐えられないので、さっさと出してしまう。結果的に、女性にすれば、自分勝手に射精した早漏男に見えてしまう。本人は、もっと我慢したいと思っても、体の構造上できないのだ。

 

実際、ある調査では、挿入から射精までの時間について、ほとんどの男性は9分以内だという。1-3分以内という男性も居る。中に入れてから、イクのを堪えるのは、至難の技なのだ。確実に女性をイカせたければ、挿入するまでが勝負だ。前戯でイカせる方が簡単だ。

 

 

男が射精コントロールができるようになると、セックスが激変する。女性を何度でもイカせることができるし、挿入中も、自分も、ずっと体が気持ち良い状態に留まることができる。勝手に射精して果てることがなくなる。でも射精コントロール自体が難しいと思う。

 

もう一つは、1-3分で、女性を中イキさせてしまうことだ。実は、こちらの方が簡単なのではないかと思う。実際、私の妻は、電マピストンなら、3分位で中イキしてしまう。ただ、3分位はマッハピストンが必要だ。マッハピストンとは、男が射精する直前に、ひときわ高速のピストン状態に入ると思う。これを3分続けるだけだ。

 

いずれにしても、男が自分勝手に射精して果てることを防ぐには、男がどれ位挿入後に耐えられるか。女がどの程度の刺激で中イキできるか、など様々な要因が関与する。男女二人でお互いの体を理解しながら、共に模索していくしかないと思う。

 

関連記事:

女が知らない、射精の快感の秘密 あの一瞬の感覚が変化する! - 男の性行動を分析する

なぜ男は射精の快感がしょぼいのに、セックスしたがるのか - 男の性行動を分析する

「スカートの下の劇場」快感を求める女は、男にとって恐怖と嫌悪の対象となる - 男の性行動を分析する