男の性行動を分析する

男って何? 男の性行動を分析します

「射精の絶頂感」を何度でも簡単に味わえる方法 亀頭オーガズム

射精の瞬間は、最高に気持ち良い。腰の快感が「つーん」と頭に抜けていって、頭が「ふわっ」となる。この絶頂感は、何ものにも代えがたい。それなのに絶頂は一瞬で終わってしまう。しかも一回射精したら、しばらくお預けだ。この絶頂感を何度も味わうことができたら、どれほど素晴らしいことか。そんな夢のような話が実現するのだ。それが、亀頭オーガズムだ!

 

*注意:この方法は、必ず子供を作ってからにしましょう。射精の快感が馬鹿らしくなって、膣内射精しなくなると、悲しい思いをするのは自分です。

 

私は、亀頭オナニーと会陰部刺激を組み合わせることで、会陰部オーガズムに達することができるようになった。亀頭部が開発されたのか、最近、亀頭部の刺激だけでドライオーガズムに達することができるようになった。すると快感の質が変わった。何度でも射精の絶頂感を味わえるのだ。まずは、この感覚を記載しよう。

 

 

『絶頂が近づいてくると喘ぎ呼吸になる。目は閉じて、とても気持ち良い。この状態が10-20秒位続き、腰の緊張がどんどん高まっていく。その緊張がピークに達した瞬間、腰が「ぎゅー」と収縮し、なんとも言えない気持ちよさが腰に広がる。その快感は頭へ「つーん」と抜けていき、「ふわっ」とした絶頂感が頭に広がる。ふわふわした絶頂感は、頭を満たす。「ふわふわ絶頂感」とは、あくびをしている時に、知覚が遠のいている感覚だ。この間ずっと体を快感が満たしている(5-10秒位)。意識が遠のいて、頭は真っ白だ。そして、腰の収縮が「フッ」と解ける。すると腰が0.8秒刻みで痙攣する(射精とは別の場所が痙攣する)。腰の気持ちよさはゆっくり静まるが、頭の中は依然として「ふわふわ絶頂感」が満たしている。この時間は、10-20秒位であろうか。気持ちよさと幸福感が頭を満たす。ゆっくりと意識が現実世界に戻ってくる。目を開けると、「はっ」と我に返ったように現実に引き戻される。気持ちよさの余韻がぼんやり残る。』

 

 

この感覚は、会陰部オーガズムとはかなり違う。会陰部オーガズムでは、絶頂の間、腰の中で快感の波が何度も押し寄せてくる。その感覚が強いため、意識は腰に釘付けになる。「ふわふわ絶頂感」に浸る余裕はない。それに比べると、亀頭オーガズムの腰の快感は、優しくじんわりと広い。意識が腰に釘付けにならないため、頭の中の「ふわふわ絶頂感」に気持ちよく浸ることができる。まるで、意識が遠のいて別世界に行っているかのようだ。幸福感が漂っている。

 

 

この「ふわふわ絶頂感」は女のクリトリス・オーガズムに近いと思う。私の妻は、オーガズムの際に毎回この状態になる。はたから見ると、喘ぎ呼吸のまま目を閉じて、10-20秒位、恍惚とした表情を浮かべている。女のオナニー動画を見れば、イッた後で、体を痙攣させながら、突っ伏して、何かに浸っているような女をしばしば見かけるだろう。背中をのけぞらせ、空を仰ぎ見るような姿勢になっている女もいる。そして、どの女も、口が半開きになって恍惚とした表情を浮かべている。代々木忠著「プラトニック・アニマル」の表紙の姿だ(この本は大変オススメだ)。女がそのような状態になっていれば、間違いなく「ふわふわ絶頂感」の世界に行っている。亀頭オーガズムでは、同じことが起こるのだ!


私は、亀頭部オーガズムの方が、会陰オーガズムより好きだ。


その理由は、なんと言っても簡単にイケることだ。亀頭部を圧迫するだけでイケる。亀頭部のピストン運動でも良い。男にとって馴染み深いオナニーと同じだ。会陰部オーガズムは、イクまでが本当に大変だ。もちろん、快感の波が何度も訪れる強烈な絶頂感は素晴らしい。しかし、イクまでに10分位の集中が必要だ。喘ぎ呼吸になってからが長い。気持ちよくてイキそうなのに、なかなかイケない。その状態が5分位続くことも多い。それが亀頭オーガズムでは、ものの2-3分でイケるのだ。喘ぎ呼吸になってからは、10-20秒程度だ。会陰部オーガズムのように、血流が増して汗だくになることもない。

 


さらに良いことに、興奮しているとイキやすい。会陰部オーガズムでは興奮していても、イキにくいのは変わらない。ムラムラ感があれば、亀頭オーガズムでは1-2分でイケる。連続でイクのも簡単だ。イッた後は射精と同様に、勃起が収まるが、すこしすれば、すぐ刺激を再開できる。その気になれば、20分で5回位イクことができる。連続でイクと感度が増して、絶頂感も深まっていく。射精に慣れた「せっかちな男」にはぴったりだ。何度でもイケるので、終わりにするのは自分が満足した時だ。射精感はこみ上げてこないので、連続でイッた後でも、射精で締める必要がない。

 


ムラムラした時に行うと、ムラムラ感が収まる。ムラムラ感を感じる原因は、前立腺内に溜まった液体だ。これがスポッと抜ける。さらっとした無臭の前立腺液が少し出る(すこし白濁している場合、精液も少量混ざっているかもしれない)。するとムラムラ感が収まるのだ。スッキリして爽快だ(何も出ないでスッキリすることもあるので、一概には言えないが)。射精してエネルギーを浪費しないし、虚脱感もない。特筆すべき事は、ムラムラした時の「ふわふわ絶頂感」は、最高に気持ち良いのだ。背中が弓なりになって、目を閉じたまま天を仰ぎ見る。この時は、意識が飛んでいって、まさに「頭が真っ白になる」。(ムラムラしていない時は、軽くイク状態から始まる)。

 

 

女は、いつもこんなに気持ち良いのだと思うと愕然とする。妻が「絶頂が、クリトリスに電マをあてた感覚の100倍気持ちいい」と言うのも納得だ。まさに別次元の快感なのだ。何倍と比べようがない。射精では、腰の快感が「つーん」と頭に抜けていって「ふわっ」となること自体少ないだろう。そんな、射精の「一番気持ちよい瞬間」がずっと続くのが、女のオーガズムなのだ。頭も真っ白になるはずだ。その度に女は、夢の世界に飛んでいったような、最高の幸福感を味わっているのだ。男に最初から与えられている快感が「射精の一瞬」しかないことは、あまりにも悲しい。一人でも多くの男性に、「意識が遠のいていく」素晴らしい絶頂感を味わってほしいと思う。全ての男が幸福感に満たされるようになれば、満たされない思いを興奮感に求めて、性犯罪に走ることもなくなるだろう。

 


亀頭オーガズムの長所は数え切れないが、最大の難点は、習得が難しいことだろう。その理由は、まず(1)射精コントロールが完全にできることが必須だ。亀頭部の近くに裏筋があるため、裏筋にはどんどん刺激が入る。いくら裏筋を刺激しても、まったく射精感がこみあげてこないことは不可欠だ。また、(2)無射精オーガズムの感覚もつかんでおく必要がある。無射精オーガズムでイケる感覚が分かっていないと、やみくもに亀頭部を刺激するだけになってしまう。ドライオーガズムにつながる筋緊張を作り出さないといけない。こういう難点を考えると、やはり会陰部オーガズムから入るのが良いだろう。無射精でイク感覚をつかんで、射精コントロールを習得することが先決だ。

 


亀頭オーガズムは、その簡便さと「ふわふわ絶頂感」の気持ちよさから、男のドライオーガズムとして最高ではないかと思う。射精の絶頂感は、もはや好きな時に好きなだけ味わえるものとなるのだ。

 

 

補足1:亀頭部の刺激でイケるため、当然ながら、セックス中にイクことができる。集中すれば、妻の手コキでイクこともできる(挿入したピストン運動でイクのは無理だ。刺激が弱すぎる)。セックスにおいて、射精以外のオーガズムでイケるのは、最高の経験だ。

 

補足2:私がドライオーガズムを行う際は、通常エロ動画は見ない。ただ、亀頭オーガズムは、エロ動画を見ながら行うことが出来る。会陰部オーガズムは、自分の感覚に集中するため、エロ動画をみる余裕もない。もし亀頭オーガズムをやりながらエロ動画を見るならば、女の絶頂がどんどん出てくるものが良い。絶頂の女に、自分の状態を重ねられる。そして絶頂が去ると、また動画を見て興奮を高めることができる。射精のように「イッたらすぐに消したくなる」感情は起こらない。エロ動画が生み出す興奮感は突いので、このオナニーは中毒性が高い。ただ実際はそこまでしなくても、起床後や就寝前、あるいはムラムラするなどに行えば十分満足できる。1回イクだけで、リラックスして十分幸せな気分になれる。

 

補足3:射精では幸福感を得られないのに、なぜ亀頭オーガズムでは満たされた感じが得られるのか。これは、体が収縮する際に、オキシトシンが分泌されるからだと考えられる。オキシトシンは、ストレスレベルを下げる「愛情と癒やしのホルモン」である。もちろん女のオーガズムで分泌される。おそらく、亀頭オーガズムでは全身の収縮が起こるため、その際に、この「幸せホルモン」が分泌されるのではないかと思う。

 

関連記事:

私が会陰部オーガズムに至るまでの軌跡 - 男の性行動を分析する

亀頭オーガズムのすすめ - 男の性行動を分析する

射精は、全身痙攣オーガズムを生み出しうる 恐怖の快感 - 男の性行動を分析する

男が1回のセックスで何度も連続でイク方法 〜ドライオーガズム - 男の性行動を分析する

 

プラトニック・アニマル―SEXの新しい快感基準 (幻冬舎アウトロー文庫)

プラトニック・アニマル―SEXの新しい快感基準 (幻冬舎アウトロー文庫)