男の性行動を分析する

男って何? 男の性行動を分析します

「寸止め」は男には我慢だが、女にとっては快感を高める過程である

「寸止め」が、イク直前で刺激を止めることは、男でも女でも変わらない。しかし、その役割は正反対である。「寸止め」ほど私が嫌いなものはない。ひたすら我慢の時間だ。寸止めしなければ、精液が漏れ出してしまう。気持ち良い時間が、瞬時に終わってしまう。頭の中は、気持ちよくなりたい感情でいっぱいなのに、ひたすら耐える苦しみだ。最大の問題は、我慢したからと言って、快感が高まるわけではないのだ。

 


男にとっての「寸止め」は、鼻がムズムズするのに、くしゃみを我慢するようなものだ。喉がイガイガするのに、咳をこらえるのにも似ている。しかし我慢したら、くしゃみの大きさは、倍増するだろうか? 咳払いの強さは、倍増するだろうか? そんなことはない。倍増するのはスッキリ感だけだ。射精も同じだ。寸止めで我慢する程、爽快感は倍増する。しかし、快感は変わらないのだ。快感をひたすら我慢する。これが男のセックスだ。私が最も嫌いな経験だ。なお、もしくしゃみを大きくするにはどうすればよいか? もっと鼻を刺激すれば良い。咳を大きくするにはどうすればよいか? 喉のイガイガを増やせば良い。これは射精でも同じだ。快感を高めるにはどうすればよいか、答えは明らかだ。いくら我慢しても関係ない。

 

 

私はドライオーガズムを経験して、いくらペニスを刺激しても、射精感が全くこみ上げてこないようになった。私にとって、セックスからもオナニーからも、寸止めで我慢する必要がなくなった。ドライオーガズムは習得しなくても、全ての男に、この技術だけはぜひ習得してもらいたいと思う。

 


一方、女にとっての「寸止め」とは何だろう。「Orgasm Inteviews on Intimacy」という本の中で、ある女性が大変うまく表現している。英語では「Edging」と言うようだ。「ギリギリの端にいる」という意味だろう。訳すると次のようになる。

 


「私達女性は、快感をどんどん、どんどん高めていき、その緊張を、最後にオーガズムとして解放します。それには、”Edging(寸止め)”という方法を使います。絶頂が訪れる直前まで快感を高めて、そこで一旦刺激を止めます。一息ついて、また快感を高めていきます。絶頂が近づいてきたら、刺激を止めることを繰り返します。その度に、快感はどんどん強くなっていき、最後には、もう耐えられない所まで行きます。他の女性では、これを何時間も出来る人もいますが、私はせいぜい10分から30分です。最後に「もうダメだ、ここしかない」と思った時に、次に訪れてきた絶頂に身を任せます。強烈な快感が体を突き抜けていき、全身の痙攣がずっと続きます。骨盤の筋肉も何度も収縮を繰り返し、ゆっくりとエネルギーが解放していきます。まさに最高の時間です。」

 


ドライオーガズムは感覚は、この記載にとてもよく似ている。絶頂の前で立ち止まる度に、近づいてくる快感の波がどんどん大きくなっていく。私の場合、まだ快感の平衡バランスに慣れていないため、寸止めできる時間は10秒もない。絶頂に達すること自体が難しいため、絶頂が来れば、すぐに身を委ねてしまう。イキにくい体の女性なら、そのような場合が多いだろう。10分以上も快感を高めていけるのは、あまりに素晴らしい経験だろうと想像する。もし、オーガズムの感覚が弱い女性がいたら、ぜひ寸止めする練習をしたら良いと思う。オーガズムの快感を高める良いトレーニングだろう。

 


つまり、女にとっての「寸止め」は、肉体的な刺激を蓄積し、快感を高める作業なのだ。一方、男にとっての「寸止め」は、苦しい我慢の時間だ。快感が高まることもない。男と女で雲泥の差である。私は、自分があまりに苦しかった体験を振り返るにつけ、全ての男が「寸止め」の我慢から解放されることを願っている。

 

Orgasm: Photographs and Interviews

Orgasm: Photographs and Interviews

 

 

関連記事:

私が会陰部オーガズムに至るまでの軌跡 - 男の性行動を分析する

「強烈な快感が体を突き抜けていく絶頂感」を射精で感じる方法 - 男の性行動を分析する

射精の気持ちよさとは、どのような感覚か? 男の最高の快感 - 男の性行動を分析する