男の性行動を分析する

男って何? 男の性行動を分析します

男の苦痛

「私という病」 女として満たされない思い

中村うさぎの「私という病」を読んだ。上野千鶴子が書くように、女性は性的な客体であるために、「男に求められて満たされたい」という感情が必要なのだなと思った。 一つ気になったのは、下の話。セックスレスの問題と深くつながる。 【ホストの言葉】 「辛…

男側セックスレスの予防法 女が「男を喘がせる」

上野千鶴子は「スカートの下の劇場」で、セックスを次にように説明する。「能動的な主体である男は、快楽の与え手であり、受動的な客体としての女は、快楽の受け手となる。結果的に、見る主体からは、身体的な快楽は剥奪される。男にとっての性愛のゴールは…

快感を求める女は、男にとって恐怖と嫌悪の対象となる

森岡正博の「感じない男」が、男の心理を描いたのに対して、上野千鶴子の「スカートの下の劇場」は、女の心理を描いた傑作だ。女でない私には、理解できない面も多いが、20年以上も前に、現在の状況を予告していた。今やネットは「セックスに満たされない女…

射精後の賢者タイムと虚脱感をなくす方法

射精後の賢者タイムと倦怠感には、本当に悩ませる。これらがなくなるだけで、射精後の余韻がどれ位気持ち良いものになるだろうか。森岡正博は「感じない男」の中で、賢者タイムをうまく表現している。 「射精し終わった後は、すーっと興奮が醒めていく。さっ…

「寸止め」は男には我慢だが、女にとっては快感を高める過程である

「寸止め」が、イク直前で刺激を止めることは、男でも女でも変わらない。しかし、その役割は正反対である。「寸止め」ほど私が嫌いなものはない。ひたすら我慢の時間だ。寸止めしなければ、精液が漏れ出してしまう。気持ち良い時間が、瞬時に終わってしまう…

男性のセックスレスの原因は? セックス中の男の苦痛

今考えると、ちょっと前までセックスレス予備軍だった。私には、子どもが二人いる。二人目の出産に合わせて、妻が帰省していた最中は、好き放題に動画でオナニーした。しかし、妻と子どもたちが戻ってきてから、その自由はなくなった。家は狭いので、私の部…