男の性行動を分析する

男って何? 男の性行動を分析します

女のオーガズム

男側セックスレスの予防法 女が「男を喘がせる」

上野千鶴子は「スカートの下の劇場」で、セックスを次にように説明する。「能動的な主体である男は、快楽の与え手であり、受動的な客体としての女は、快楽の受け手となる。結果的に、見る主体からは、身体的な快楽は剥奪される。男にとっての性愛のゴールは…

快感を求める女は、男にとって恐怖と嫌悪の対象となる

森岡正博の「感じない男」が、男の心理を描いたのに対して、上野千鶴子の「スカートの下の劇場」は、女の心理を描いた傑作だ。女でない私には、理解できない面も多いが、20年以上も前に、現在の状況を予告していた。今やネットは「セックスに満たされない女…

エロ動画を使った射精は、男に女への敗北感を植え付ける 強烈なトラウマ!

私は、ごく普通の射精の快感は、女のオーガズムに到底及ばないと思う。何と言っても一瞬だ。そして連続でイケない。これは男なら誰もが実感していることではないだろうか。女の快感に完敗だ。しかし、男が「女の快感に敗北感」を感じていることは、社会から…

女のオーガズムはどんな感覚か? 射精の快感で理解する

女のオーガズムは、どんな感覚か? 男には、永遠の謎である。しかし、ドライオーガズムを経験すると、その感覚は想像しやすい。さらに、射精で全身収縮オーガズムが起こるようになって、セックスの後にお互いの快感を話しあうようになった。妻のオーガズムを…

「寸止め」は男には我慢だが、女にとっては快感を高める過程である

「寸止め」が、イク直前で刺激を止めることは、男でも女でも変わらない。しかし、その役割は正反対である。「寸止め」ほど私が嫌いなものはない。ひたすら我慢の時間だ。寸止めしなければ、精液が漏れ出してしまう。気持ち良い時間が、瞬時に終わってしまう…

なぜ男は、セックス中にあえがないのか? 男の快感は2択のみ

セックス中のあえぎ声。これほど、男女の間に理解の食い違いがあるものはないだろう。まず「あえぐ」とは、どういう生物学的な現象なのか? 辞書をみると、「苦しそうにせわしく呼吸する」と書いてある。同感だ。そして、セックスの最中に女は何度もあえぐ。…

女が気づいていない、男の「女の快感」への劣等感

「女のオーガズムは、男のオーガズムより数倍気持ちよい」という表現をいたるところに見つける。私がその可能性に初めて思い至ったのは、「女のオナニー動画」を見た時だ。私が中高校生であった頃は、エロ本でオナニーする時代だった。動かない裸体は、見ら…

なぜ男は、射精する時にエロ動画を見るのか?

私自身、射精したい時は、スマホでエロ動画をつける。エロ動画を使って射精することは男にとって当たり前でも、女にとっては理解できない。男がなぜ射精する際にエロ動画を必要とするのか、その理由を考えよう。 まず男にとって、射精は日常の一コマである。…

女のオーガズム、射精、ドライオーガズムの快感を比較する

「女のオーガズムは射精の快感より何倍気持ちいいか?」この質問ほど、巷で永遠に議論されている話題はないだろう。私は偶然、ドライオーガズムを感じられるようになった。この体験が素晴らしかったのは、女の快感が理解できるようになったことだ(まだ分か…